■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6弦ベース考 1
ちょうど1年前の今日。去年の12/31にベースを衝動買いした。

それがこのベース。

20071231174745.jpg

TOBIAS classic 6

というベースだ。僕の憧れのブランド!!

フェンダー系と同じく、ロングスケールで弦間は推定16.5~17ミリピッチでかなり狭い。
僕は、体格も小さく、手も小さい(女の子の生徒より小さかった!ショック!)、ので、非常に弾きやすく感じた。
さらにネックは非対称ネックで、高音弦側が薄くなっている。これはかなり弾きやすい!
しか~し!ストラップを付ける側のホーン(写真向かって左側)が14フレット位置にあり(通常12フレット位置)、1フレットが遠い……。

よって、以前使っていたYAMAHAのスーパーロングスケールとさしてかわらんし、音ヌケは、YAMAHAのほうに軍配が!

今、海外のメーカーではスーパーロングスケールが主流。
ロングスケールの6弦ベースをだしているメーカーは少ない…。
それは、ローB弦の鳴りということが大きいだろう。

僕のようなミクロマンの6弦ベース奏者は、楽器選びに苦労が多い…。

う~ん、なかなかルックスもよく音も最高というベースはないものだなぁ……。

ただ、コイツはいまだ僕のメインベースである。

未分類 | 01:47:10 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
日本人の体格に合う楽器は……
こちらでは初めまして。私のような初心者を抜け出せないものが楽器を語るなど十年早いとは思いますが、コメントを残させていただきます。

まず4弦ですら、良い音色がするものの、アジア系の我々には重く、先生のようにライヴ・パフォーマンスもなさる方々には厳しいものも少なくないかと存じます。

ましてや6弦となると、欧米の方々でも筋力がないと厳しいものがあるのではないかと想像してしまいます。

そのような中、6弦で頑張る先生のようなアーティストの皆様方におかれてはそのようなご労苦もおありだったのかと知ることが出来ました。
2008-12-31 水 16:14:00 | URL | Psycho Horiemon [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。