■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スタンディング練習のススメ
明日は心霊ハードロックバンドOver The Focusの初ライヴです!
でも実は、僕は参加してませんが、1月にちょいお披露目的な感じで、3曲だけやっていました。

僕自身は、正月に今年はライヴをたくさんやると心に誓ってから早半年、ようやく今年一発目のライヴです。
しかも、リーダーバンドより先にサポートバンドのライヴのほうが先に来てしまったという……。
なんとも情けない限り……。

あと半年間、できる限りライヴをやっていきたいと思う次第。

そんなわけで、今日も家で立って練習しました。
僕は家でもわりと立って練習します。
ライヴ前は必ずスタンディング練習です!

僕はストラップがかなり短くベースも高い位置に構えているため、座って弾いてもあまり位置はかわりませんが、それでも立って弾くのとでは違います。
ネックの角度が変わったり、ボディの安定性等が変わるだけで、結構変わってきます。

ライヴで座って弾くことは稀なため、立って練習しておかないとうまく弾けなかったりします。
あとは、パフォーマンス的なことも想定してやるとなお良いですね。

昔よくやった練習は、曲は聴かずにメトロノームをウラで感じながら、立って弾く練習です。
ウラをキープしたまま動いても弾けるようになれば、かなりリズムキープ力があがります!!
同時に、曲を聴かずにやることで、曲を頭の中でイメージしながら自分のフレーズも弾かなければなりませんが、これで自然と頭の中に音が鳴るようになってきます。最低限自分の音(フレーズ)は鳴るようになってきます。
指板だけに頼らず、頭の中に音をイメージすることが大事ですね。

この練習方法はライヴ前に家でやっておくと良いと思います。
オススメ!!

ちなみに僕は極度のあがり症です……明日は頑張ります!!
来てね~!!

未分類 | 23:57:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。