■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
僕のきっかけ(覚悟)
第四話 最終回・ついに始める!

ビッグバイクを購入し、とある事情で実家へと戻ることになった僕は二十歳になっていた。

二十歳頃という時期は、今後どうしたらよいか?とかいろいろ悩んだり、ある種の人生のターニングポイントに立たされているかのようになる時期ではないだろうか?

その時僕は、
「このまま年を取り、30歳過ぎたぐらいに、あの時ベースやっていればなぁ…」
という後悔をするのはカッコ悪いと思った。
今思えば完全に若気の至りというヤツだ。

そう感じた僕は、やはり音楽(ベース)をやりたい、そしてちょっとでもお金にしたい、という思いは日に日に強くなっていった。プロになりたいと!

だが、周りには楽器をやっている人間はいない。僕の好きな音楽を好きな人間もいない。むしろバカにされるような始末…。
しかし、教則本を読んでも独学ではどうしていいかわからない。

そこで、生まれついての面倒くさがり屋で怠け者の僕は、一念発起して、「これは誰かに教わらなければダメだ!」と音楽学校へ入学するのであった!
しかも大学を中退してまで。

ベースを購入してから、既に三年が経過していた…それにしても遅すぎる決断。悩み過ぎだ!

だが、最初からちょっとでもお金にしようと思いベースを始めたので、覚悟は決まっていた。

そしてここから、
それまで楽器もやったこともなく、
音楽的な才能もなく、
リズム感も音感もない、僕の苦難の道が始まるのだった………。

おわり。


さて、三十路を過ぎた現在の僕は、二十歳のときのターニングポイントで選んだ道を後悔していないし、
不可能だと思うようなことでも、一生懸命地道に頑張ってやれば意外となんとかなるもんだと思う。

10年以上やってきて、あらためてベースって難しいけど面白いなぁ。
とようやく思えてきた今日この頃。

というわけで、皆さんもベースをはじめてみてはいかがだろうか?
春だし。

未分類 | 23:36:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。