■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今日の昼メニュー
いや~、もう3月ですよ。
早いですね~。このまま暖かくなればいいなぁ~。

少し暖かくなってきたので、ちょっとやる気が出てきました。

そんなわけで、今日は昼ごはんにこんなものを作ってみました。

コチラ!
130301_115757_convert_20130301121244.jpg

とり丼です!

昨晩の晩酌のアテに作った蒸し鶏を利用しました。

ごはんに蒸し鶏ときゅうりとトマトを切ってのせただけのようにみえますが、実はちょっと凝っています。


まず、蒸し鶏を作ります。

蒸し鶏は蒸し器がなくても簡単に作る方法があります。
鶏胸肉のスジと余分な脂を取り、塩コショウをします。それをお皿に乗せ、鶏の上にしょうがスライスを3枚ぐらい乗せ酒を適量振りかけ、ラップをふわっとかけ(コレ重要!少し開けておく)レンジで片面づつ2~3分加熱します。あとは、ラップをピタっと張りしばらく放置します。これで余熱で中までいい感じに火がはいります。

で、これだけで食べても美味しいのですが、今回はここからとり丼にチェンジさせます!

蒸し鶏を作ったときに出た、鶏エキスとしょうがを取っておきます。
炊飯器に米とその鶏エキスとしょうが、水を入れて、ごはんを炊きます。
このとき鶏がらスープの素を入れてもよいでしょう(炊けてから入れてもよし)。
コレが激うまです!

このごはんに、スライスした蒸し鶏、きゅうり、トマトをサイコロ状にカットしたものを乗せ、塩とうまみ調味料を振りごま油を回しかけます。
最後に白髪ねぎとごまをかけて完成です!!

うまい!!

今回は塩味にしてみましたが、ごまダレをかけてもよいでしょう。

蒸し鶏が余ったら是非やってみてください。

未分類 | 12:52:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。