■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アンビエントな気分
最近、寒いし雨だし台風は来るしで、すっかり創作意欲が減退しているダメダメなワタクシ……。

そこで!脳に刺激を与えるべくここ数日よく聴いているのがコレです!!

TECHNODONTECHNODON
(1993/05/26)
イエロー・マジック・オーケストラ

商品詳細を見る


YMO 「TECHNODON」

93年の再生・YMOの時の作品です。
実はこの作品、YMO史上でもっとも過小評価されている作品だと思われます。
なにせ中古市場では、¥200前後と非常に残念な価格になっています。

発売当初は、大物バンドの再結成という話題性と黄金時代のテクノポップを期待したファンの期待感とはうらはらに、細野晴臣氏の当時のアンビエント志向が色濃く出たマニアックな作品ということで、一般的J-POP(当時この言葉は無かったが)リスナーには受け入れられなかったのです。

しかぁ~し!!

もともとYMOというバンドはかなり実験的なことをやっていたバンドで、音楽的なことはもちろん音の処理やミックスなどあらゆる部分で先を行っていました。

本作品も今聴いてみれば、当時の過小評価の意味がまったくわからない、素晴らしいアンビエントテクノなアルバムです!ただリリースした時代が悪かったのだと思います。

やはりYMOは凄いです!!
彼らはどれだけ先に行っているのだろうか?

僕はYMOは真のプログレバンドだと思います。

未分類 | 00:04:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。