■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
向き不向きは好きか嫌いか!?
今日はとある事情がありスラッピングを3~4時間ほど練習しました。

ワタクシ、スラップ奏法は普段はあまりしないスタイルですが、人並みには出来るつもりでした。しかしここ1年ぐらい気が向いた時にたまに練習はするものの、ほとんどやる機会がありませんでした。

その結果!!

酷い!!

ここ1年ぐらいはフォーム改造やツーフィンガーでの奏法を研究していたため、親指のスラッピングダコなんぞキレイさっぱり消えておりまして、人差し指サイドもツルッツルです。

そんな状態で練習したらどうなるか??

親指はまだ大丈夫…。

しかし……人差し指サイドが痛いのなんのって!

内出血ですよ!!

プルが多めのフレーズが痛すぎる!!
32分音符がらみのフレーズがめっちゃ痛い!!
初心者か!?

はぁ~我ながら情けない……。


やはり練習は大事ですね。

と、ここでふと思いました。

人間、向き不向きがあると思います。
向いている=好きなことや得意なこと、向いていない=好きではないことや苦手なこと、
とするならば、ワタクシにとってスラッピングは向いていないのでしょう。

ワタクシ、スラッピングは俗に言うスラッパーの人ほど好きではないし、世間一般のスラップができるベーシスト=上手いベーシストとも思わない。さらに誤解を恐れずいえば練習してスラッピングの腕を磨きたいとすら思わない…。

言い訳と言われればそれまでですが、事実スラップ奏法をまったくやらないベーシストもいますし、自分の表現に必要なときだけやろうかなというのが僕のスタイルなのかもしれません。

だはは!完全に人ごとですな!

こんなんだから、内出血で痛すぎて練習ができなくなるのだ…無念!!




未分類 | 01:46:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。