■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
引きの美学
最近、曲を作っておりまして、あいかわらず行き当たりばったり即興作曲法で作っています。

ある種、打ち込みだからこそなせる技ともいえるでしょう。

そこで、また変な曲を作ったのですが、大体の外枠は完成したので、いざベースでも入れよかなと思いいろんなパターンのベースラインを弾いてみる。

う~ん!困ったものだ!

……奏法を変えてみる。
……譜割を変えてみる。
……右手の弾く位置を変えてみる。
……左手のポジションを変えてみる。
……スラップしてみる。
……ライトハンド奏法を試してみる。
……ピックアップを変えてみる。

全部しっくりこなかった……無念!!

しかし!ここでめげるワタクシではないのだ!

それならば、あえてベースは弾かず、いっそ極めてシンプルなベースラインで、シンセパッドの音色にしてみてはどうか?
と思い立った。

これだ!!

試行錯誤した結果!ベースを弾かないという結論に達しました。
演奏家の方からみたら、白い目で見られるでしょうが、僕はベースプレイに関してこだわりは殆どありません。
むしろベース自体必要無ければないほうがいいとさえ思います。

僕は昔からこの考え方ですが、他のプレイヤーの方からは理解されないことのほうが多いですね。

今回の結論としては、曲によってベースプレイが必要であるかないかです。
昨今は様々な音楽のジャンル/形態があり、ベースの入っていない曲も多々あります。
そんな中で、無理矢理にでもベースを入れようとするのは演奏者のエゴ以外の何者でもないでしょう。
と僕は思います。

今回作った曲は、もちろんAメロもシンセベースです♪

これぞ、漢(オトコ)の引きの美学ではないだろうか!?
ただの面倒くさがりという噂もあるのだが……。


未分類 | 02:03:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。