■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
早くも不定期連載第二回
いや~ホントに毎日暑くて頭がボーっとする今日この頃でございます。

何もやる気が起きなくなりますよね~。
そんな時は、曲も作りませんし、ベースも弾きません!

何もしません!!


そんな状態で作曲しても練習しても、ロクな曲も出来ませんし、練習もイライラが募るだけです。

と思っていたところ、例のこのネタでございますよ!!

というわけで早くもやってまいりました不定期連載第二回目!

「私的レトロゲームミュージック名曲紹介~!」のコーナー。

今回は悪魔主義者(サタニスト)に送るコチラ!!!

女神転生I・II 召喚盤・合体盤女神転生I・II 召喚盤・合体盤
(1991/12/16)
Project SATAN

商品詳細を見る


ファミコン版女神転生Ⅰ&Ⅱのサントラでございます!

このサントラ、今から20年以上前(ゲームはもっと前!)の作品ですが、なんといまだ新品で買えます!
いや~ビックリですよ!

いまでも様々なハードで続編が作られている(ある一部に)人気作ですが、ワタクシ的には、このファミコン版のⅠ&Ⅱがとにかく衝撃的でした。ゲーム自体はもちろん音楽も。
ダーク&ヘヴィなストーリーと世界観に絡む宗教的要素とサイバネティックな要素がモロにワタクシの脳髄に電撃を食らわし、ドハマりしました。
ゲームそのものも非常に面白く、ファミコンとは思えない内容の濃さで、現代の誰でもクリアできるヌルヌルのゲームにはないハードさが漢心を熱くさせたものです。

さらに、音楽もカッコよく、Ⅱはファミコン内蔵音源を超越したFM音源を駆使したサウンドが素晴らしく、とくにⅡの戦闘シーンの音楽は、今思えば私のヘヴィメタルの原体験だったかもしれません。


こちらの作品は2枚組で、1枚目にはⅠ&Ⅱのオリジナル音源を収録し、2枚目にはアレンジ盤を収録しています。
オリジナル音源も堪りませんが、アレンジ盤もゲームミュージック史上に残るほどのセンス抜群のカッコよさです!
生演奏に差し換え、Keyを変えたり、全く違う展開に行ったり、新しくイントロを加えたりしていますが、違和感は全くなく単体のインスト作品としても十分聴ける仕上がりです。

実は、この作品、高校生時代に友人からカセットテープにダビングしてもらって聴きまくった記憶がありまして、突然今になって思い出し注文してしまった次第なのです。

あらためて聴き直してみまして、懐かしさも当然あるんですが、音源のショボさはさておき曲のカッコ良さを再確認し、ヘヴィメタルの原体験も感じたのですが、プログレの原体験もここにあったのかと感じましたね。
最終ボスの5拍子の曲や、3拍子の幻想的な魔界の曲、2コードだけで展開するミニマルな曲と、ゲーム音楽なのに完全にプログレですよ。


あぁ、私が音楽を始める前に思い描いていた音楽世界というものの原点はコレだったのかもしれない……。

スポンサーサイト
未分類 | 00:58:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。