■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
演奏しなくてもいいじゃない!
いやいやいや~今日は暖かくなってよかったですね~。

やる気も出てくるというもの!

ということで、昨日から本チャンレコーディングをすべく、久々に3フィンガーのストイック練習なんぞをしました。

前回書きましたノイズの出る曲なのですが、これが、作ってからだいぶ時が経ち録り直そうと思ったわけです。

前回やった(書いた)時に「まぁこんなもんか。」と煮え切らないながら納得していたのですが、ちょっとイメージと違ったので、やはりSadowskyの4弦で録り直したいと思い再チャレンジしたのです!

ところが!!

このベースで録ろうと思ったところ、どうやっても納得できる音色(トーン)にならず、悩みまくりました!

今回も、プリアンプのセッティングを変えみる。
コンプのセッティングを変えてみる。
ベース本体のEQを変えてみる。
ベース本体のトーンを変えてみる。
ベース直でライン入力にしてみる。
etc………。
いろいろ試しましたが、結局どれも上手くいかず理想のトーンになりませんでした……。

そこで!

半ばキレ気味となった僕は、「いっそのことシンベで打ち込んでみたどうだろ?」と思ったわけです。

………やってみました。





これやっ!!




キターーーーーー!!


ええ、結局僕が求めていたこの曲にフィットするベースの音色(トーン)というのは、シンセベースの音だったのである!

生ベースを打ち込みシンセベースに差し換えるという、普通はありえない逆転の発想!
普通、打ち込みベース→生ベースというのはありますが、その逆というのはまずないと思います。

いや~回り道をしましたね。
まさにワタクシの人生そのもの!
回り道くねくねしながらラビリンスに迷い込むというのがワタクシの人生ですから、音楽というのは面白いものです。

やはり、音楽/作曲というものはその人の生き様がでるものなんですかねぇ~。

しかしまぁ演奏至上主義者の人はこういう発想にはならないだろうなと思うのも、また音楽の面白いところではないか。


ちなみに、3フィンガーはちょっとだけ上手くなった気がします!

スポンサーサイト
未分類 | 01:29:21 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。