■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
おっさんミュージシャンからの苦言
先日、年末にリペアに出したTOBIASの6弦ベースを取りに行ってきました。

ところが、リペアを担当してくれたジョーダン・ルーデス似の強面のおっさんがおらず、いかにも新人ですと言わんばかりの若造しかいなかったため、詳しい修復状況などが聞けませんでした。

あくまで僕の経験上での話ですが、楽器修理店の若手の店員(職人?)は知識/経験も余りないくせに態度が悪いですね。基本的に大御所や有名プレーヤーでない限り、見下した態度できますね。
ま、あくまで僕の独断と偏見ですがね……。

今回もネックの高音弦側(ハイC、G弦側)にねじれが見られるということで、直してもらったんですが、その若造は「1弦側のネジですか……?」と「ねじれ」と「ネジ」を間違う始末で僕は愕然としました!
「こんな輩に自分の楽器は任せられない」と!!
酷いの一言です!

以前、別の楽器屋でですが、当時愛用していたプレべのネックが反って弦高も高くなってしまっていたので、リペアを頼もうと持っていったところ、そこの若い店員が「そんなに反ってませんよ!それにプレべなんて弦高高いぐらいでいいじゃないですか!」と吐き捨てるように言われたことがありました。
ブチキレそうになりましたが、それ以来その楽器屋には行っていません!S谷のHCズというクソ楽器屋です!

ただ、今回修理してもっらたジョーダン・ルーデス似の職人さんは、詳しい話はできませんでしたが、ねじれもうまく修正しフレットもピカピカに磨いてくれ、かなりキレイな状態になって帰ってきましたので、腕はたしかだと思います。

楽器修理などは極めて職人的世界だと思うのであるが、若手の技術だけでなく人間教育もしっかりやっていただけたらと思う、おっさんミュージシャンからの苦言である!

やはり、技術、人間性ともに伴ってこそ一流の職人ではないだろうか。
演奏家もそうあるべきだと思うが、演奏家タイプでない僕はまだまだである……。

スポンサーサイト
未分類 | 01:52:43 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。