■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
8弦ギター
ワタクシ、最近また自分に対し挑戦的な曲を作ろうと思いまして、思考錯誤しているところでございいます。

そこで、僕が最近ハマっている某バンドがありまして、なんとそのバンド8弦ギター奏者がいます!
しかも二人も!

8弦ギター!?
ってなんじゃそりゃ!?ってなもんです。

7弦ギターに高いほうを一本足したんかいな?
でも、物理的に無理じゃなかろうか?
ということは、7弦ギターに低い弦が足されているのか…!?

そう!8弦ギターとは、通常のギター(6弦)に低い弦を二本足したものだったのだ!
一般的なチューニングは低いほうからLowF#・LowB・E・A・D・G・B・Eとなります。

ちなみに、ごくごくまれに、8弦ベースなるものもございまして、これは6弦ベースに低い弦と高い弦が一本づつ足されたものになります。チューニングはLowF#・LowB・E・A・D・G・C・Fとなりギターとはちょっと変わります。
ベースの場合、ギターと違い全弦4度チューニングにするのが一般的です。
ただ、ベースでLowF#までの低音は、聴感状はっきりとは聴き取れないと思います。

話が逸れましたが、8弦ギターの8弦解放弦のLowF#音は、4弦ベースの4弦2フレットと同じ音で、もうそうなるとベースいらないですね。

ははは!
まいったね。こりゃあ……。

しかし、そこで逆の発想をし、ベースの音域まで侵食してきているならベースでコピーも可能ではないか??
と思ったわけです。

よっしゃいっちょやったるか!とコピー嫌いのこのワタクシ奮い立ちまして両手タッピングの変拍子リフに挑戦したところ………


……なんか、めっちゃ弾きにくい!
しかも運指(左手)が絶対違う気が……。

わかりましたよ!なんでおかしいか!

その1、8弦~6弦をメインに使っている。
その2、実は変則チューニング。

6弦ベースで挑むも弦足りず……。
どうやら8~7弦のチューニングを変えているようで、
結果、6弦ベースでも4弦ベースでも無理でした……。

やられました……無念!!
まぁ意地でもやるなら、変則チューニングにすれば可能でしょう。

しかしまぁ、なんというかギターにベースの音域まで侵されたら、ただでさえ仕事が厳しいベース業界商売あがったりですよ!

スポンサーサイト
未分類 | 01:41:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。