■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
楽しいスケール練習・初心者編
ここのところ、先日書きました上級者向けスケール練習法というのを思いつき、日々研究している次第です。
お酒も飲んでいますが、ちゃんと考えています。

ということで、今回は初心者のためのちょっと楽しい(であろう)スケール練習法をご紹介!

ベース初心者の方は、まずメジャースケール・マイナースケール・ペンタトニックスケール等基本的なスケールを1オクターヴ覚えると思います。
とはいっても、ただ無理矢理覚えても、それをどう使ったらよいかよくわからないし、なにしろドレミファソラシドとただ上昇下降してもちっとも楽しくはないと思います。でも僕は意外とこういった単純な練習が好きなタイプだったりしますが……多くの人はそうではないでしょう。

そこで!!

初心者向けの楽しいスケール練習法~!!

それは、「メロディをベースで弾こう!」というものです。

自分の知っている曲などのメロディをベースで弾いてみましょう。
その際に、覚えたメジャースケール/マイナースケールの運指を固定するとよいでしょう。
(例メジャースケールなら中指スタート)

メロディというもの、大抵1オクターヴと上下にちょっと動くぐらいで出来ており、スケールが1オクターヴ弾ければプラス上下にちょっと動かすだけで弾けると思います。

どんなメロディでも良いですが、童謡や誰もがしっている曲(ドラえもんとか有名アニメ曲)のほうがシンプルで分かりやすくて良いと思います。

練習方法としては、
1・自分の知っている曲を何も聴かずに音を探しながら弾いてみる。
2・答え合わせをやる。CDや動画サイト等と同時に弾いて確認。
3・もし、一人で弾いた時は音の動きは合っているのに合わせると変に聞こえる場合は、Keyが違っているので移調しましょう。

この練習をやれば、自分の頭の中で鳴っている音を探すという音感を鍛える訓練にもなりますし、後にメロディックなベースラインを弾きたいと思った時や、作曲に興味が出てきた時にも非常に役に立つはずです!

僕も初心者時代マジンガーZ等いろいろ弾いてみました。

ベース初心者の方、是非挑戦してみてください!
きっとスケール練習がちょっと楽しくなるはずです。

よくわからないという方、僕のレッスンにお問い合わせください!
より詳しく解説します!

スポンサーサイト
未分類 | 01:23:20 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。