■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
やり過ぎ注意!
最近の僕の曲の傾向は、打ち込み主体で生楽器は殆んど入っていません。

ベースもシンセベースを打ち込んでいます。
ただ、場合によって手弾きのエレクトリックベース(以下エレべ)も入れていますが、その際もシンセベースは鳴っています。

この「シンセベース&エレべの組み合わせの妙」はいずれお話したいと思いますが、
今回は、ベーシストが教えるベース打ち込みテクニックでございます!

それは、ずばりグリス(グリッサンド)です!

例えば、イントロでドラムだけで始まりその後他の楽器がインする時などインする1拍手前でドゥ~ンとグリスを入れるとかなりいい感じ(プロっぽく)になります!

このグリスというもの、ベーシストそれぞれでかなり個性が出るモノで、
どのあたりからグリスダウンするか?
どのぐらいのスピードでやるか?
ドゥドゥ~ンと拍の表でアップ裏でダウンとやるか?
またその時のスピードはどうか?(アップちょっと早めダウンため気味)
などなどベーシスト各々の癖やタイム感でかなり個性がでます。

このあたりを考慮して自分の気持ちいい感じで打ち込めば、かなり変わってくると思います。
ただ、やり過ぎには注意です!
これは、ベース初心者にもいえることですが、事在るごとにグリスを入れるとやたらヌメヌメしてクドくなるだけで逆効果です。

各々使っているソフトのグリスの打ち込み方を調べ是非やってみていただきたいです!
きっといい感じにかわります!

スポンサーサイト
未分類 | 01:15:38 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。