■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
プログレではない私的プログレ名盤
音楽には、一般にジャンルというものがあり、CDショップなどに行くとジャンル別に棚やフロアが分けられています。
ロック、ポップ、ファンク、ブルース、ジャズ、ヘヴィメタル、テクノ、ヒップホップ、クラシックなどです。

僕は、中でも本ブログのタイトルにもなっているプログレッシヴロック(通称プログレ)というジャンルが好きなのですが、このプログレというジャンルは広義の意味ではジャンル分けが難しく、カントリーっぽいものからテクノ、現代音楽に近いものまでと非常に幅が広い音楽だったりします。

個人的な考えを言えば、そもそもジャンル分けというもの自体がナンセンスだと思いますし、単に売る側が分けたほうが分かりやすいですし、買う側も選びやすいというぐらいのもので、また評論家の方もそうしたがる傾向にあるからでしょう。
まぁ分けたほうが分かりやすいというのは明白な事実です。

面白いのは、このジャンル分けということに関しては、ミュージシャン側(創造する側)よりもリスナー側のほうが、明確に分けたがる傾向にあり、また個人個人でその境界線にはかなりの執着があるようです。

僕個人は、ジャンルというものにまったくこだわりはなく、カッコよければそれでいい!というスタンスです。
要は自分のアンテナに引っかかるかどうかです。

ということで!前置きがかなり長くなってしましましたが、

一般的にはプログレではないが、個人的にはプログレを感じるアルバム紹介シリーズ~!!
タイトル長っ!!

いままでもJAPAN「TIN DRUM」など少し紹介してきましたが、今回はコチラ!!

audio spongeaudio sponge
(2002/09/19)
SKETCH SHOW

商品詳細を見る


Sketch Show 「AUDIO SPONGE」
細野晴臣と高橋幸宏によるユニットです。

大人が読む絵本のような大人のユーモアとドリーミーな雰囲気の浮遊感漂う作品です。
大人のエレクトロニカです。

最近の愛聴盤です。
多くは語るまい。オススメ!

スポンサーサイト
未分類 | 00:30:19 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。