■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
リヴェンジ第二弾!
昨日、とっても残念な結果に終わったシーフードカレーですが、朝まで寝かせたらそこまで酷くはなく人間が食べられる味になっていました。

そこで!コレをさらに修正すべく、足りなくなっていたスパイスを買いさらにエビも買い、改良計画スタート!

今回は改良(アレンジ)の方向性がしっかりイメージできたので、人間が食べられるモノ→意外と美味しいモノにみごと生まれ変わりました!

よかった!!

エビと生クリームを追加し、インドカレーのプロンマサラ(エビカレー)っぽく仕上げてみました!

いや~これでファーストリヴェンジ達成です!!

そして!
昨日大失敗しましたチキンナゲットですが、今日のアテはフライドチキンでリヴェ~~ンジ!!

コチラ!
101121_002757_convert_20101121003833.jpg

ちょっと塩が多かったですが、味は最高です!!

うまい!!

モノは違えど、同じ鶏の揚げ料理でリヴェンジ!!
なぜフライドチキンにしたかというと、生クリームを活用するためです。


勝った…。
勝ったよ…。
小さいおっさん勝ったよ~~(泣)!!



===以下フライドチキンレシピ===

1・鶏手羽元を用意し筋を切り水気を切る。
2・卵と生クリーム(牛乳でも可)を混ぜる。
3・塩・胡椒・オールスパイス・ガーリック(粉末)・ジンジャー(粉末)・小麦粉を混ぜる。
  小麦粉は多目で、塩と胡椒は1:1、その他は少々でオールスパイスは塩の半分~2/3ぐらい。
4・1を2に浸し、3の粉に付け揚げる。
  その際、一旦高温に温めたらそこに鶏を入れ弱火にして蓋をして蒸し揚げにすると中まで火が通ります。

スポンサーサイト
未分類 | 01:06:37 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。