■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
食べるラー油
今日、たまたま見た番組で、今話題の食べるラー油の作り方を紹介していたので、さっそく作ってみました!

コレです!
100621_001346_convert_20100621002206.jpg

店にはほぼ売っていないので、作ったほうが早いですね。
しかも簡単に作れます。
レシピはのちほど。

コレを冷や奴にかけてみました。
100621_001445_convert_20100621002236.jpg

コレはコレで美味しかったのですが、さらにゴマだれをかけると美味さ倍増です!

激うま!!


以下レシピ

===食べるラー油の作り方===
1 にんにくを荒微塵切りにして油で揚げ、フライドガーリックを作る。
2 熱したフライパンで、市販のラー油を半分入れ温める。
3 そこに玉ねぎ(荒微塵)を加え炒める。
4 さらに、そこにフライドガーリック投入!
5 4に豆板醤少々と砂糖少々を加え炒め、さらに残りのラー油を入れて混ぜて完成です!!

※僕が観た番組では、エシャロットを使っていましたが、玉ねぎでも代用できます。

実は、今回間違って、玉ねぎもフライドオニオンにしてしまい、フライパンで炒める工程で長ネギを使用し、さらにフライドオニオン&ガーリックを加えましたが、これでも問題はなかったです。

ポイントは豆板醤でコクのある辛さを出し、砂糖の甘さで辛さを調節することです。

辛い料理は、辛さよりも実は甘さとコクのほうが重要で、ここが味の決め手になります。
カレーなどもそうです。

意外と簡単で且つ市販のものより安くできるのでオススメです!
是非お試しを!

何にかけてもうまい!!

未分類 | 00:49:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。