■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
オレ流コピーの極意
今日、久しぶりにコピーをしました。

僕は基本的に曲のコピーというものに興味がありません。
「この曲が弾きたい」とか思ったこともありません。

僕は初心者より前から、自分の曲/音楽を作りたいと思っていましたので、誤解を恐れずいえば、他人の曲をプレイしてなにが楽しいのか?とさえ思います。

もちろんそれが、勉強や分析、研究、仕事というのであれば話は変わってきますが…。

今回も研究及び作曲のネタの分析としてコピーしました。
僕は大概このパターンで、コピー=曲分析です。

みなさんも曲をコピーするときは、単にリフやフレーズをなぞるだけでなく、
どういうリズムパターンなのか?
メロディはどうなっているのか?
曲のキーは何か?
コード進行はどうなっているか?
リズム・メロディ・ハーモニーに対しベースラインはどうなっているのか?
どんな楽器が使われているか?
どんな構成になっているか?
などを考えながらやることが重要です。

ここまでやれば、かなり「曲」というものがどうなっているかがわかると思います。
曲全体を把握することができれば、ベースのアプローチ方法もいろいろな選択肢が増えること間違いなしです!!

最低限、ベースラインだけでなく、メロディと大まかなコード進行は採っておいたほうが良いでしょう。


そんなわけで、今日僕がコピーした曲は、YMOの「Light In Darkness」という曲です。
これが前衛的でカッコイイんだ!!
曲そのものもカッコイイが、ベースラインも絶品のカッコよさ!

テクノデリックテクノデリック
(2003/01/22)
YMO

商品詳細を見る

このアルバムの5曲目です。

このアルバム、個人的にテクノ史に残る名盤だと思うのですが、このアルバムについてはまた今後お話したいです。

スポンサーサイト
未分類 | 01:13:47 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。