■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
FRAGILE
今日は、僕の師匠でもある水野正敏師匠のバンドFRAGILEのライヴを観に行ってきました。

数枚CDは持っているものの、ライヴを観たのは初めてでした(師匠すんません!)。
このFRAGILEというバンド、一般的にはフュージョンバンドだと思われますが、水野師匠曰くスリップビートを追及するバンドということで、変拍子やスリップビートが多くプログレ的要素もあり、且つロック的な要素もあり、さらにジャズ的な要素もあり~ので、画一的にカテゴライズすることができない面白いバンドです。

メンバーは、
矢堀孝一(g)
水野正敏(b)
菅沼孝三(ds)
のトリオ編成ですが、CDでは他のオーバーダブも入っており、ライヴではどうなっているのか楽しみに行ったところ、
トリオ編成を感じさせない凄まじい演奏でした!

とにかく三人とも一曲目から全開のプレイで、とくに手数王の異名を取る孝三氏がもの凄いテクニックです!
彼のプレイに関しては、世間ではいろいろあるとは思われますが、CDよりライヴのほうが格段にエモーショナル且つダイナミックだと思いました。
複雑なリズムを澱みなくキープしながらも、さらに変則的に手数&足数が増えまくります!休符などお構いなしです(笑)!
ただ、この孝三氏のドラミングがFRAGILEのサウンドのキモであることは間違いないでしょう。

ツーステージ8曲+アンコール・ドラムソロ&1曲とちょっと少なめでしたが、僕はこれで十分満足でした。
1曲でソロ回しが長いと僕は飽きます。ジャズバンドでの全員ソロ回しなど聴けたものではありませんね。

そんなこんなで年末になかなか良いライヴを観たわけですが、お店に予約したにも関わらず、僕の席からはベースがまったく観えず、肝心の師匠のプレイが観えませんでした……。
う~残念!!

未分類 | 23:18:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。