■プロフィール

Masa Ichinohe

Author:Masa Ichinohe
都内で活動中のミュージシャン(ベーシスト)です。
サポートや音楽教室の講師のほか、自己のプログレバンドProcedanもゆる~くやっています。

京王線調布駅のスタジオでベースの個人レッスンも行っています。
都内出張レッスンも可能です。
お気軽にご連絡ください!

■リンク
■メールフォーム

レッスンの問い合わせはこちらのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
作曲とテクニック
ここ最近、ずっと考えていたTRIGON用の曲がやっと出来た!
いや~搾り出しましたよ。
僕は曲を作るのが極めて遅いほうなのだが、今回も苦心の末ようやくできた。
結果、とんでもない曲ができた。

やはり変拍子ユニゾンあり、リズムチェンジありのとても奇妙奇天烈な曲!
ほんとにこれでいいのか!?との感もあるが、
「これでいいのだ!」
と思うことにした。

だがしかし、ここで問題が…。
自分で考えたフレーズが難しすぎて弾けない!
デモをレコーディングする前に必死で練習しました。
でも、こういうことはたまにあるのだ!

わざと難しいフレーズを弾きたいがために曲を作ったり、超絶テクニックを半ば押し付けがましく披露したいがために作曲したのでは本末転倒だが、思いついたフレーズがたまたま難しかっただけということは、イマジネーションが先行しているということなので、
「これでいいのだ!」
曲を表現するためのテクニックや、自己表現のためのテクニックは必要なのだから。

ただひとつ気がかりなのは、あまりに変な曲のため他のメンバーからクレームがこないことを祈るばかりである……。


スポンサーサイト
未分類 | 02:29:54 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。